地域医療連携室

地域医療連携室長のご挨拶

 平素より当院地域医療連携室に格別なご高配を賜り、心より感謝申し上げます。また日頃より患者様をご紹介賜り、厚くお礼申し上げます。
  当院では、各々が専門性を活かしながら精進を怠らず、かつ総合医として、地域全体で患者様を支える医療の一端を担うことを目指しています。このためには、自分達が何をしたいかだけではなく、皆さまが何を必要としているのかを常に考えて参りたいと存じます。
 今後、地域包括ケアシステムの構築に向け、地域住民の皆様が住み慣れた地域で生活していけるよう、医療・介護・生活支援などが一体化に提供される仕組みが必要になります。日頃より診療や介護を提供されている皆様・行政機関の方々との連携がますます重要になってきます。
 医療機関・介護施設の皆様とともに、“心の通う連携”を合言葉に、担当者一同取り組んで参りますので、何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

平成28年12月1日
総合犬山中央病院
地域医療連携室
室長 竹腰 篤


■かかりつけの先生方へ
いつも大切な患者様をご紹介頂きありがとうございます。
 当院は、厚生労働省が推進する医療機関の機能分化、地域完結型の医療を目指し、病診連携室の設置や平成13年からは開放型病床を導入し、当初、独立した組織としては人員も少なく充分機能しているとはいえませんでした。そこで、平成22年11月に新たに「地域医療連携室」を発足し、現在、医療ソーシャルワーカー4名、退院調整看護師3名、事務4名にてより良き医療連携を目指し、先生方のご要望に応えられるよう日々努力しております。地域の医療機関の先生方と顔の見える関係の構築を目的とし、医療連携のあり方・問題点・改善を目指しております。年に一度「犬山病診連携の会」を先生方と開催し、より良い医療連携のあり方につき意見交換会を行っております。これまで以上にかかりつけ医の先生方と医療連携を強化し、急性期病院として地域医療の一翼を担えるよう努力して参る所存です。

■地域医療連携室の役割
 地域の医療機関や様々な保健・福祉サービス機関との連携の窓口として、患者様に切れ目のない医療・看護・介護サービスが提供できるよう支援・調整することです。かかりつけの先生方から、ご紹介頂きました患者様がスムーズに入院・診察・検査等が行えるように、また、紹介患者様の検査結果や返事など情報の発信・交換を確実に行い、当院での治療が完了した患者様については紹介して頂いた地域の先生方の方で継続して診て頂けるような連携を目指して参ります。

■地域医療連携室の業務内容
□外来・入院紹介患者様の円滑な受け入れ
 紹介患者様の待ち時間短縮のため、事前に受診予約、検査申し込みを電話・FAXにより承っております。事前に受診予約をして頂ける方は、待ち時間が少なくて済みます。ぜひ、ご利用下さい。
□かかりつけ医との診療情報共有
 患者様が受診されましたら、すみやかに来院報告、及び診療情報提供書をFAX及び郵送させて頂きます。
□かかりつけ医の先生方への円滑な逆紹介の推進
 病状が安定している患者様には、かかりつけ医を持って頂けるよう、積極的に当院から地域の先生方に紹介させて頂きます。
□医療ソーシャルワーカー業務
 当院に通院または入院中の患者様等が地域や家庭において自立した生活が送れるよう患者様本人もしくはご家族の抱える問題の解決を支援しています。
 慢性期治療を行う医療機関等と連携し、転院のお手伝いをしています。
□退院支援・調整担当看護師業務
 当院に入院された患者様について、必要に応じてできるだけ入院前の生活ができるように退院支援を行っています。在宅医療を行っているかかりつけ医の先生方、介護事業所等と連携して退院の調整を行っています。
 入院から退院までの流れ
 当院に入院された患者様について、できるだけ入院前の生活が出来るように退院支援を行い入院1週間以内に入院前の生活状況や退院先の希望、心配なことをお伺います。
在宅医療を行っているかかりつけ医の先生方、介護保険事業所等と連携して退院の調整を行っています。
□地域医療に関する情報発信と収集
 当院の診療機能情報などの発信を行っております。
□地域の医療関係者との研究会、研修会
 犬山あんしんネットワークの会、医療ソーシャルワーカー連絡会など地域医療連携に関係した研究会、研修会に参加しております。
□開放型病床及び登録医の事務に関する業務
□その他
 医療連携に係わること全て承っております。

■ご紹介患者様の予約診療について
 患者様の情報をFAXで事前にご連絡いただくことによって、予約をお受けし、優先的に診察させていただきます。どうぞご利用ください。
(注意)この予約は、あくまでも医療機関からの医師による申し込みについてお受けするものであり、患者様ご自身からの申し込みについては、お受けいたしかねますのでご了承ください。
■MRI検査(1.5T)CT検査(64列マルチスライス)予約について

■RI検査 予約について


■胃瘻交換・胃瘻造設について

【ご参考】 当院採用PEGキット一覧表
 メーカー名称 商品名 規格
 オリンパスメディカルシステムズ  DirectイディアルPEGキット  3㎝(MD-43530)
 オリンパスメディカルシステムズ  DirectイディアルPEGキット  4㎝(MD-43540)
 オリンパスメディカルシステムズ  DirectイディアルPEGキット  4.5㎝(MD-43545)
 オリンパスメディカルシステムズ  DirectイディアルPEGキット  24Fr、ボタン有効長3.5㎝
(MD-43435)
 メディコン  バードPEGキット  20Fr、pull法、セーフティシステム


■登録医制度のご案内
 平成14年4月の医療法改正により、平均在院日数の短縮や外来診療の見直し等により、医療施設間の密接な連携と機能分担の強化がさらに重要となりました。当院では地域完結型医療の実現を目指し、いま以上の連携強化と機能分担をすべく情報交換の場の一環として、犬山市や近隣市町村の医療施設のみなさまと登録医制度を進めております。
■登録医になると
入院中の紹介患者様に対する共同診療の希望があれば、主治医と調整の上、共同診療をしていただくことができます。
ただし、診療科や患者様の状況によりできない場合があります。
FAX紹介を頂いた時は、来院前登録(診療録の事前作成等)が可能になります。
当院職員同席のもとで電子カルテ等の閲覧が可能です。
紹介患者様は診断確定後、または退院時に原則として逆紹介させて頂きます。
当院の正面玄関やホームページ(登録医療機関へのリンク可)でご紹介いたします。
図書をご利用いただけます。
研修会や症例検討会などご案内をいたします。
■登録の手続き
 登録医となることを希望される先生は、「開放型病床登録医契約申請書」に必要事項を記入していただき、地域医療連携室までFAX 0568-62-8222 にて提出ください。
■開放型病床について
1.開放型病床とは、患者様のかかりつけ医と当院の医師が、共同して患者様の治療を行える病床のことです。当院には10床設置しております。
2.開放型病床に入院した患者様に対して共同診療を行った場合、登録医と当院は各共同指導料が保険請求できます。
「開放型病院共同指導料Ⅰ」:350点(1日につき1回)
3.開放型病床に入院した患者様に対して退院後の共同指導を行った場合。
  「退院時共同指導料Ⅰ(在宅療養支援診療所):1,000点(1入院につき1回)
       (在宅療養支援診療所以外の場合):  600点(1入院につき1回)

地域医療連携室 業務時間(直通0568-62-8118)

月~金曜日 8:30~17:00  土曜日 8:30~13:00

※ 日曜日・祝日・年末年始を除く

 


ページトップ