ご挨拶

 総合犬山中央病院は犬山市の中央部にあって、愛知県扶桑町、大口町の一部、岐阜県各務原市東部、可児市西部地区を診療圏とした、地域完結型、中核、総合病院であります。周辺の医療機関とは開放病床をはじめ密接な連携を保ちながら急性期の医療を担っております。
また人間ドックをはじめとする予防検診を通して地域民の健康管理と発症早期から必要とされる回復期リハビリに力を入れております。
「外には慈愛と誠実を込めて温かく接し、内には厳しく学習を重ね我が道を究めん」と訴え、常に患者を中心とした医療、良質の医療を提供することを理念としております。
さらに医師会員を対象とした臨床検討会をはじめ、医師の卒後研修、看護師の実習、救急救命士の研修など教育研修にも力を入れております。

総合犬山中央病院 院長 竹腰 昭道

ページトップ

  理念



かねてから犬山市を中心としたこの地域に市民病院を設けてほしいという願いが漲っておりました。
病んだ場合、安心して受療できる総合的な高次の病院がほしい、信頼して任せられる医師にめぐり会いたいという渇望に応えるべく、昭和57年4月本院を開設しました。

ページトップ

  主な設備・機器

  • 核磁気共鳴装置(MRI 1.5T)
  • 全身用ヘルカルスキャンCT装置(64列マルチスライス)  
  • X線血管造影撮影装置
  • IVUS(血管内エコー)
  • IABP(補助循環装置)
  • PCPS(人工心肺装置)
  • 乳房X線撮影装置
  • 脳血流測定装置
  • 生化学自動分析装置
  • トレッドミル
  • グリーンレーザー光凝固装置
  • 手術用顕微鏡(脳神経外科用・眼科用)
  • 電子内視鏡システム
  • EUS(超音波内視鏡)
  • 経鼻内視鏡+下部拡大内視鏡用ファイバースコープ他
  • 体外衝撃波結石破砕装置
  • 手術室(第1手術室~第3手術室)
  • 腹腔鏡用手術機器(外科・泌尿器科)
  • 超音波診断装置(心臓・頸部・腹部・眼科)
  • 骨塩定量測定装置(DXA法+超音波)

ページトップ

  概要

社会医療法人 志聖会
総合犬山中央病院


所在地:〒484-8511 犬山市大字五郎丸字二タ子塚6 TEL:0568-62-8111
設立:昭和57年4月

経営主体 社会医療法人 志聖会
理事長 竹腰昭道
病棟区分 一般病棟313床
延床面積 1,968,586㎡
建物 本館:鉄骨鉄筋コンクリート造 6階建
西館属棟:鉄筋コンクリート造 6階建
北館属棟:鉄骨造 4階建
宿舎棟:鉄筋コンクリート造 4階建
職員数 約500名
駐車場 433台
機関指定等 保険医療機関
労災保険指定病院
救急病院
生活保護指定病院
更生医療指定病院
育成医療指定病院
臨床研修病院
研修実習施設等 日本内科学会認定医教育関連病院
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本高血圧学会専門医認定施設
日本外科学会認定制度修練施設
日本脳神経外科学会専門医認定制度による指定訓練場所
日本脳卒中学会認定研修教育病院
認知症学会専門医教育施設
日本整形外科学会認定医制度による研修施設
日本泌尿器学会専門医研修施設(関連教育施設)
日本病理学会登録施設
尾北看護専門学校実習施設
日本呼吸器学会専門医認定関連施設
日本糖尿病学会教育関連施設
施設基準 一般病棟入院基本料(7:1入院基本料)
臨床研修病院入院診療加算
救急医療管理加算
妊産婦救急搬送入院加算
診療録管理体制加算2
医師事務作業補助体制加算20対1
急性期看護補助体制加算 25対1(看護補助者5割以上)
療養環境加算
医療安全対策加算1
感染防止対策加算1、感染防止対策地域連携加算
患者サポート体制充実加算
退院支援加算2
総合評価加算
データ提出加算2
回復期リハビリテーション病棟入院料2
回復期リハビリテーション病棟入院料2(休日リハビリテーション提供体制加算)
地域包括ケア病棟入院料1
地域包括ケア病棟看護職員配置加算
地域包括ケア病棟看護補助職員配置加算
入院時食事療法Ⅰ- 入院時生活療養Ⅰ
がん性疼痛緩和指導管理料
がん患者指導管理料1
がん患者指導管理料2
小児科外来診療料
夜間休日救急搬送医学管理料
ニコチン依存症管理料
開放型病院共同指導料Ⅱ
がん治療連携指導料
薬剤管理指導料
検体検査管理加算( I )
検体検査管理加算(Ⅱ)
時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
神経学的検査
小児食物アレルギー負荷検査
画像診断管理加算1
画像診断管理加算2
コンピュータ断層撮影・磁気共鳴コンピュータ断層撮影
冠動脈CT撮影加算
心臓MRI撮影加算
抗悪性腫瘍剤処方管理加算
無菌製剤処理料
心大血管疾患リハビリテーション料 I (初期加算含む)
脳血管疾患等リハビリテーション料 I (初期加算含む)
運動器リハビリテーション料 I (初期加算含む)
呼吸器リハビリテーション料 I (初期加算含む)
経皮的冠動脈形成術 経皮的冠動脈ステント留置術
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
医科点数表第2表第10部手術の通則の5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む。)に掲げる手術
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
麻酔管理料( I )
栄養サポートチーム加算
医療機器安全管理料1
病棟薬剤業務実施加算
酸素購入価格に関する届出
胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設所、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む)
精神疾患診療体制加算
外来化学療法加算1
持続血糖測定器加算及び連続式グルコース測定

ページトップ

  病院史

総合犬山中央病院の歴史


昭和57年4月5日 犬山中央病院開設
昭和57年7月20日 整形外科開設
昭和57年10月1日 予防検診事業(人間ドック、成人病検診)開始
昭和57年10月6日 救急告示医療機関の認定
昭和58年7月11日 耳鼻いんこう科開設
昭和58年10月25日 許可病床数363床
昭和59年6月1日 脳神経外科開設
昭和62年8月1日 救急医療体制整備
昭和63年4月1日 病院広報紙『ごろまるだより』発刊
昭和63年4月21日 託児施設『たんぽぽ』開設。
昭和63年4月25日 眼科開設
平成2年9月22日 失語症患者の会『こだまの会』発足
平成3年4月3日 言語療法訓練開始
平成4年4月1日 1患者1カルテ方式、中央カルテシステム実施
平成4年4月5日 病院開設10周年記念式典
平成4年10月1日 内科・整形外科予約診療開始
平成5年5月1日 基準看護特1類(Ⅱ)承認
平成7年4月1日 救急輪番制病院群指定
平成8年4月1日 麻酔科、放射線科標榜
平成8年5月1日 基準看護特3類承認
平成8年5月22日 病院機能評価事業運用調査、訪問審査
平成8年7月23日 北棟起工式
平成9年1月30日 北棟竣工式
平成9年2月24日 尾北看護専門学校の基礎実習開始
平成9年4月7日 尾北看護専門学校の臨床実習開始
平成9年8月14日 診療材料をSPDへ移行
平成9年12月1日 許可病床数302床に変更
平成10年2月9日 総合病院承認
平成10年4月1日 体外衝撃波結石破砕装置の施設基準、ペースメーカー移植術、経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈ステント留置術等施設基準承認
平成10年4月1日 総合リハビリテーションの施設基準承認
平成11年7月1日 新看護2.5対1看護A看護加算 承認
平成11年8月16日 MRI更新(超伝導1.5テスラ)
平成12年4月1日 入院基本料Ⅰ群入院基本料2施設基準(新看護2.5:1 A看護加算10:1看護補助加算)、検体検査管理加算(Ⅰ)、埋込ペースメーカー再手術施設基準承認
平成12年9月25日 CT更新(ヘリカルスキャン マルチスライス)
平成13年5月1日 開放型病院承認施設基準
平成13年8月18日 総合犬山中央病院公式サイト立ち上げ。
平成13年9月1日 ICD10によるコーディングを開始。
平成14年3月25日 第四次医療法改正による病床種別変更届提出(一般病床302床)
平成14年4月1日 施設基準 言語聴覚療法(2)施設基準届出
犬山市脳ドック検診受託医療機関契約
平成14年4月5日 開院20周年
平成14年4月26日 開院20周年記念品を全職員へ配布、2001年病院年誌発刊
平成14年7月21日 「安全管理対策マニュアル」正式施行
平成14年9月30日 医用画像情報のデジタル化に向けて、放射線科へFCRシステム導入
平成14年10月1日 医療安全管理体制施設基準、褥瘡対策体制施設基準届出。
平成15年10月30日 臨床研修病院 指定(臨床研修プログラム030919101)
協力型臨床研修病院 神経科 犬山病院様
平成16年1月16日 施設使用許可一般病床350床へ増床
平成16年1月18日 西館竣工式、内覧会実施
平成16年6月1日 回復期リハビリテーション病棟
平成17年2月8日 施設使用許可一般病床342床
平成17年10月16日 血管撮影診断装置更新
平成18年11月1日 産婦人科診察室、産婦人科病棟改築工事開始
平成18年12月1日 入院基本料10対1取得
平成19年5月17日 施設使用許可一般病床316床
平成19年11月1日 オーダリングシステム導入、稼動開始
平成20年4月1日 肝疾患専門医療機関指定
平成20年10月1日 入院基本料7対1取得
平成21年3月1日 医療用画像情報システム導入
平成22年1月13日 64列128スライスCT更新
平成22年4月19日 心大血管疾患リハビリテーション開始
平成22年11月1日

病診連携室から地域医療連携室へ組織改編。

予防検診事業本部発足に伴い健康管理センターの所管異動
平成23年1月12日 MRI更新(パラレル撮像、3Dボリューム撮像、脂肪抑制技術IDEAL)
平成23年4月1日 経営企画室設置
平成25年2月22日 RI棟
平成25年2月26日 RI棟竣工式、内覧会実施
平成25年3月10日 30周年病院祭開催
平成25年4月1日 社会医療法人認可取得
新法人名 社会医療法人 志聖会に改称
同時に病医院名も 総合犬山中央病院に改称
平成26年9月1日 地域包括ケア病棟
平成26年10月1日 救急充実体制
平成26年12月15日 躯幹骨用X線骨密度測定装置導入
平成27年1月19日 電子カルテシステム導入
平成27年6月1日 回復期リハビリテーション病棟1取得
平成27年6月1日 ペインクリニック外来
平成27年10月1日 メディカカード(医療情報カード)導入
平成28年6月1日 地域包括ケア病棟60床に増床。それに伴い病棟再編
平成28年7月1日 糖尿病教室開始
平成28年9月1日 訪問看護室設置
平成29年4月1日 「犬山南地区高齢者あんしん相談センター」を犬山市より受託事業として運営開始
平成29年4月1日 医師事務作業補助体制加算Ⅰ(20対1)取得
平成29年9月1日 「犬山市認知症初期支援チーム」へ参画

ページトップ

  医療機能情報

医療機能情報の提供について


 医療機関の管理者に対し、医療機関の医療機能に関する一定の情報について、都道府県への報告を義務付けるとともに、都道府県は集約した情報をインターネット等でわかりやすく住民の皆さまに提供する仕組みが創設されました。

当院の医療機能情報はこちらからご覧いただくことができます。

(愛知県の提供する医療機能情報検索サイト【あいち医療情報ネット】へリンクしています。)

ページトップ